アイランドタワークリニック 大阪

薄毛(禿げ)などについての豆知識

薄毛(禿げ)などについての豆知識記事一覧

薄毛については、慎重にならないといけません。薄毛の原因の多くはAGAで、これは男性特有の体毛の変化に深く関わる男性ホルモンが関与しています。男性型脱毛症であるAGAは、テストステロンが変化した酵素が毛母細胞の分裂を阻害するので、毛が細くなり、寿命が短くなるのです。AGAはホルモンと関係しています。注射などで男性ホルモンを与えると、再び脱毛症が進行します。薄毛の進行はある程度、予防することはできるの...

禿の症状禿の症状は、つらいものがあります。特に若禿の場合、残酷です。社会人になって慣れない仕事と悪しき生活習慣が重なると、それがストレスとなり、体は知らず知らずのうちに悲鳴を上げます。若いと体力と気力があるので、体のSOSに気づくのが遅れます。体の不調は髪の毛にも大きな負担を強いていて、それが若い世代での薄毛や脱毛症の症状を招いています。無理を続けるうちに、生活サイクルが狂い、知らず知らずのうちに...

ハゲの原因は?ハゲの原因は色々ありますが、代表的なのがストレスです。ストレスを溜めると血が頭に溜まりやすく、酸素を運ぶ機能が低下し、毛細血管が収縮します。ストレスが溜まると血中の脂肪分が増加するので、血液が流れにくくなります。頭皮内の血管はかなり細いので、血の流れが悪くなると、栄養と酸素が毛根まで届かなくなります。また、ストレスは活性酸素を生み出すので、白髪や若ハゲを促進することになります。不規則...

ハゲって遺伝性なのでしょうか。ハゲというのは、昔から遺伝するとよく言われています。確かに、家族にハゲている人がいると、その子供もハゲているケースをよく見かけます。親父がハゲていると自分もハゲるのではと悩む人は多いです。最近は母方の祖父がハゲていたら遺伝するという話もあります。ハゲは遺伝性がないとは言えません。両親が共に髪の毛が薄かったり、何れか一方がハゲていたりすると、ハゲやすく、母方の祖父母に薄...

私が行っている薄毛ケアの方法をご紹介します。若い女子の間にも薄毛が蔓延しているので、どのようにケアするのかがポイントになります。髪の毛は抜けるもので、それは新陳代謝の一環です。人は、3〜5年に一度の周期で、髪の毛が抜けて新しい毛に生え変わるというサイクルになっています。薄毛というと、男性や年齢が少し上の女性の問題だというイメージがありますが、最近は、若い女性の間でも問題になっています。若いから安心...

ハゲの処方箋は、あるにはあるのですが、全ての人に効くとは言えません。日本の病院で公式に認められて処方できる薬は、プロペシアとミノキシジルだけです。多くの場合、育毛剤と併用してこの二つの薬を使用することで、ハゲに対処していきますが、使い続けるに値するのかどうかは微妙です。男性ホルモンが増えるとDHTという物質が生成され、このDHTが脱毛の原因になります。DHTの生成を抑えるのがプロペシアであり、ミノ...

ハゲに効く飲み薬はある?ハゲに効く飲み薬は、プロペシアで、抜け毛を抑制すると共に、育毛発毛にも効果があると言われています。ただ、実際、プロペシアは、男性型脱毛症の進行を遅延することはできるものの、育毛発毛の有効性についてははっきりとしていません。抜け毛の進行を抑制する効果は確かにあるのですが、プロペシアは、本当にハゲに効くのかどうかは、疑問があります。あくまで、AGAによる抜け毛の進行遅延のための...

リアップは効果があるのでしょうか。リアップと言えば、有名な大正製薬から発売されている育毛剤で、髪のことで悩んでいる人から人気になっています。リアップが評価されているのは、ミノキシジルを配合しているからです。育毛剤リアップは、ミノキシジルを配合している育毛剤で、ミノキシジルには発毛効果があります。米国ではロゲインという名前で発売され、髪の毛に悩む人たちから大反響を呼びました。日本では大正製薬がミノキ...